バストにコンプレックスを抱き続きた学生時代

バストにコンプレックスを抱き続きた学生時代

昔から華奢な私はバストに対してかなりのコンプレックスがあります。
学生のときは、特に気にしていました。
中学生になると成長の早い友人はどんどんバストがふくよかになっていくことに対し、かなりうらやましく思っていました。
同じくバストにコンプレックスを持つ友人が、「鶏肉とキャベツをたくさん食べるといい」だの「男の人に揉んでもらうといい」だのといろいろな対策法を見つけては教えてくれました。

その中でも鶏肉、キャベツ、豆乳をたくさん摂取することを試してみましたが、全然変わらず。

高校生になり初めての彼氏ができましたが、より一層バストのコンプレックスが強くなりました。
インターネットや雑誌でバストアップできるエクササイズを探してはお風呂で試す日々…。
その中でも仲良し4人グループの私以外はみんなDカップ。
私だけBカップだったのですが、ひとりの友人から「あんただけBだね!」と冗談で言われたことを、今でもしっかり覚えています。

大学生になり海へ友人と行くときにはパッドを2枚重ねて水着に入れていました。
バストにコンプレックスはまだまだありましたが、この頃にバストよりもヒップが好きな男性もいるということに気がつきます。
少しは気が楽になりましたが、結婚しアラサーになった今でもやっぱり豊満なバストには憧れています。

コンプレックスの解消には、セルノートというバストアップクリームがおすすめです。
今口コミでの大人気なので、是非気になる方はチェックして下さい!
セルノートの口コミはこちらから